勇気を出して良かった

30過ぎて結婚し、性行為の回数は2,3ヶ月に1回で、全然子供は出来ませんでした。親や親戚には「まだ?」とか「病院行ったら?」と言われますが、なかなか夫には言えず。
毎月、生理が来るたびに「またタイムリミットに1歩近づいてしまった」と落ち込んでいました。
2年がたった日、勇気を出して夫に病院に行きたいといいました。夫は行きたいならどうぞ、と言う感じで、最初は乗り気じゃないのかなと思いましたが、自ら病院についてきてくれたり、検査も嫌がらずに受けてくれました。
AMHが38歳くらいだったので、最初は人工授精に挑戦しましたが、それで飲むピルで翌周期の排卵が乱れるだけで何度やっても出来ませんでした。
そのうち通院に疲れてしまい、病院に行かなくなり、鍼や整体に通っていました。1年後、そろそろだめかもしれないと思い、現実をみるのがこわかったけど、違う病院へ勇気をだしてもう一度AMHを検査しに行きました。
42歳以上と出てしまい、その場で「体外授精しますか?」と質問されました。
私は動揺して即答できませんでしたが、夫に相談したら「やろう」と即答してくれました。
体外授精って高い、こわい、痛いものと思っていましたが、やってみると確かに痛い検査や処置もあるけど、意外と耐えられるもので、しかも1回で授かりました。
もっと早く勇気を出して「体外したい」と言っていたら!と思いました。