私生活を変えたら、妊娠できました。

看護師として、正社員で夜勤もして働いていました。
なかなか妊娠できないので、不妊治療を始めました。排卵がなかなかされないので、クロミッドの内服を開始したのはいいけど、眠いし、だるいし、内服期間は とてもしんどかったです。夜勤もしていたので、不規則な生活が悪かったのか、クロミッドのせいなのか、ストレスなのか、体重がどんどん増えてきて、妊娠は しないし、精神的にしんどかったです。そんな生活が2年くらいつづきました。

妊活サプリ
これではダメだ!と思って、思い切って仕事を辞めて、規則的な生活をするようにしました。いったん、不妊治療も辞めて、のんびり暮らしてみることにしました。食事も、根菜類がいいと聞けばそれをとるし、身体は温めた方がいいって聞いたので常に温めるようにしました。
でも、一番変わったのは、旦那さんとの関係でいつも今がタイミング!と言わんばかりに夫婦生活をしていて、義務的だったのですが、お互い、穏やかになり、2人の時間を大切にできるようになっていました。
そうして、半年くらいたったら、なんと自然妊娠しました(*^^*)その後、2人目も授かりました。私にとっては、ストレスや、不規則な生活が妊娠を妨げていたのかなぁと思います。人それぞれだとは思いますけど、生活習慣を見直したら何か変わるかもしれません。

タイミング療法

30歳になったとき、そろそろに本格的に子供が欲しいと考え始めました。なんとなくこの日が排卵日かなという日にタイミングをとってみましたが、しばらく してもなかなか妊娠することができませんでした。

そこで、基礎体温をつけ始めたことに加えて、病院にも通い始めました。病院に通うのは、まだ早いかなと思 いました、年齢を考えると少しでも早く病院に行き、どこか悪いところがあるのなら直したほうがいいと思い切って、病院に行ってみました。血液検査をはじ め、様々な検査をしましたが、特に異常がないと言う事だったのですが、排卵誘発剤を処方してもらい、指示通りに服用し、タイミングをとってみることにしま した。

約半年経った頃、ようやく妊娠することができました。通院を始めてからは、約半年ですが、妊活をスタートしてから、1年以上経ってからの妊娠でし た。すぐに妊娠できると勝手な思い込みをしていましたが、まったくそうではありませんでした。しかし病院に行ったことで、お金や時間を使いました、無事に 妊娠することができたので、早めの診察という判断をして良かったと思います。何歳になっても妊娠できるわけではありませんので、本気で妊娠を考えている人 は、まずは病院に行くことをオススメします。

あまり思い悩まずに。。。

私の場合、2人目不妊でした。

1人目の時は結婚して1ヶ月で授かりました。
なので2人目もそんなに難しくなく出来るものだと思い込んでいました。
本来なら年子、または2歳差で兄弟を。。。となるべく早く兄弟を作って早めに再就職をしたいと考えていました。
それなのに3年。4年。5年。
『あれ?出来ない。。。でもそんなはずないよね⁉︎1人目のときはすぐに出来たし。。。』
ずいぶん悩みました。その頃周りは2人目も出産して、3人目妊娠中。。。の友達もいて心の底から祝福できず、素直に喜べないことに悲観してました。

そんな中、5歳になった娘が『どうして私には兄弟がいないの?』と悲しげに言ってきました。
こうしてても時間は過ぎるし年もとる。
将来私たち両親が死んだら娘は兄弟もいなく1人になってしまう。
絶対に娘に兄弟作る‼︎

意を決して通院することにしました。
結果私も主人も不妊の原因を特定することができず、タイミングをとってもらう生活が半年続きました。

2月のある寒い日、なんとなく生理も来ないし基礎体温も下がらないし一応検査薬で調べてみたら。。。なんと陽性でした。
嬉しくて嬉しくてトイレで1人泣きました。

その後娘を迎えに幼稚園へ。
妊娠を1番最初に報告したのは主人でもなく私の母親でもなく娘でした。
『よく聞いてね。ママのお腹に赤ちゃん来てくれたよ。お姉ちゃんになるんだよ。』
その時のパァーッと晴れた表情。ジャンプして何度も『やったーやったー』と喜んでくれました。

そんなお腹の赤ちゃんも無事に生まれてきてくれて、現在7ヶ月。
お姉ちゃんも一生懸命面倒を見てくれて、妹の方もお姉ちゃん大好きで毎日2人で遊んでる光景を見ていると、年の差【6歳)兄弟もいいなー。って思います。

なかなか授からなかった時間。先が見えず情緒不安でイライラしたり、赤ちゃん見れば悲しくなったり辛い時もありました。
悩んでネットで調べては落ち込んだり。。。

でも、もっと早く病院に行っておけば良かったんだ。と今になって強く思います。

不妊で悩んでる方まずは『病院』ですよ。
1人で悶々としているより一緒に悩んで、そして授る方法を考えてくれる人が病院にはいます。

あまり悩まずに。
あまり責めずに。
きっと、大丈夫。
大丈夫。

妊活で特に重要なのは体を冷やさない事

妊娠しやすい体を作るために妊活をしていきますが特に重要なのは体を冷やさないという事でしょう。体が冷えてしまうと子宮の機能が低下してしまい妊娠しづらくなってしまいます。そのため妊活中は常に体を温めておくというのが大切になってきます。

体を冷やさないようにするにはまず食べ物や飲み物に気をつけないといけないでしょう。特に夏の暑い時期になると冷たい食べ物や飲み物が欲しくなってしまい ます。しかし体を冷やさないためにもなるべく控えていかなければいけません。そのためアイスやジュースなどは控えてなるべく温かいものを食べるようにして 飲み物も常温で飲むようにしましょう。

次に体を冷やしてしまうのは冷房で部屋を涼しくしてしまう事でしょう。特に夏になると気温が35度近く上がって猛暑日が続いてしまいます。そのため冷房の 温度を低く設定してしまいますが、外との温度差があるとより体が冷えやすくなってしまいます。そのため夏の時期でも冷房に温度を高めに設定してあまり部屋 を冷やし過ぎないようにしましょう。

妊活中の時は服装にも注意しなければいけません。特に薄着でいると体が冷えてしまうのでなるべく2枚は着るようにしましょう。またきつめの服を着てしまうと体が締め付けられて子宮に悪影響を与えてしまう可能性があるのでなるべくゆったりとした服を着るようにしましょう。